2017年12月15日金曜日

平成二十九年 秋興帖 第八(小野裕三・小沢麻結・渕上信子・水岩 瞳・青木百舌鳥)



小野裕三(海程・豆の木)
三姉妹めいて総務課竹の春
非売品のホラーマスクや鳥渡る
木の実独楽まことしやかに倒れ合う


小沢麻結
火祭の活溌溌地女の子
会式太鼓芯打つて撥跳ね返り
門々は灯を消し万燈練供養


渕上信子
あつしあつしと言ひながら秋
子規のオペラを観て獺祭忌
へちまへうたんへちまが偉い
寝待の月を見て寝ましたよ
雨か木の実か屋根を打つ音
断捨離すこしして後の雛
菊の宴うからみな福耳


水岩 瞳
新盆や母のおはこの「十三夜」
会えないとなれば会ひたし月見草
水澄むや人に物欲・支配欲・・
香に飽いて木犀花をこぼしをり
棄権する人のてぬかり台風来


青木百舌鳥
品川や秋日を返す鰡の数
我が打ちし舌鼓よな濁酒
ひと株の日にとろけたる菌かな
舞ひあがりうち広がりぬ雁の陣

2017年12月8日金曜日

平成二十九年 秋興帖 第七(林雅樹・神谷 波・前北かおる・飯田冬眞・加藤知子)



林雅樹
枕木の柵に道果つ秋の昼
えのころや痴漢注意の札古ぶ
刈られたる草に混じるや彼岸花
宴果て玄関先に新酒吐く
茸試しひとり恍惚ひとりは死


神谷 波
秋来ぬと芭蕉のさやぐ軒端かな
雨後の空ほしいままなる赤とんぼ
おつとりと白鷺歩む苅田かな
秋の声朝のカーテンの隙間より
目つりあげ鮭は吊るされをりにけり
怪しげな茸が寺の庭の隅


前北かおる(夏潮)
裳裾なす島のともしび月今宵
秋風や朝に磨く能舞台
湊より大きなフェリー天高し


飯田冬眞(「豈」「未来図」)
水音はいつも空から紅葉狩
猪の穴縄文の血の騒ぎ出す
指の腹添へて釘打つ秋曇
やや寒し格差社会の靴磨く
胸薄き男の笑ふ昼の月


加藤知子
覆面が仮面を追ってゆくちちろ
ましら酒ちよにやちよに酔う詐欺師
ちちろ鳴くあなたにちかづくための闇
顔の穴あればへちますい海へ

2017年12月1日金曜日

平成二十九年 秋興帖 第六(花尻万博・山本敏倖・内村恭子)



花尻万博
白露や人を避(よ)けては人に寄り
獣らは無言楽しみ花園よ
烏瓜夕日に緩みあらぬかな
今寄せる波聞きゐたり名残蚊帳
無花果や光の上を光垂れ
芒原波となる音微かなり


山本敏倖
望月のごと正座して妻を待つ
ふらんすの容の秋思翻訳す
山粧うプチ整形の手術痕
天元へ行って帰って野菊なり
胡桃割る列島の角現れる


内村恭子
月忙し神話の女みな住ませ
写真傾けハロウィンの異人館
コンテナの角をきりりと秋高し
雨催ひ路地の焼き栗よく匂ひ
路地赤く染め秋霖の中華街

2017年11月24日金曜日

平成二十九年 秋興帖 第五(大井恒行・小林かんな・網野月を)



大井恒行
半立ちでいく夢さびし秋の蚊も
秋刀魚焼く平成すでに尽きんとし
千年のひかりを先に火の祭


小林かんな
詩となりぬきちきちバッタ着地して
花野めくかりそめの書肆寄せ合いて
自著を売る人人人人蟋蟀
気鬱症いいえ花野に長居した
月夜ならボタンが落ちているだろう


網野月を
コピー機の前に佇む秋思かな
コスモスの素顔装いの菊花展
正装の和歌俳句とは肉体恥
秋灯その他の中に子どもの名
行く秋やゴミ袋から竹の串
六本足のタコソーセージ十三夜
遠山の紫恋えば水明り

2017年11月17日金曜日

平成二十九年 秋興帖 第四(杉山久子・真矢ひろみ・木村オサム)



杉山久子
折鶴の千の軋みを十三夜
さよならの数だけひろふ木の実かな
行く秋の猫と分け合ふカレーパン


真矢ひろみ
食べるのが遅いだなんて 獺祭忌
楚々ときて編集後記紙魚留まる
蚯蚓鳴いてANA三便の遅れけり
末枯に錦もあるぞ筑前煮
手を挿せば爪の縦筋水の秋


木村オサム(玄鳥)
芒野の中心点に立たされる
一文字も入力しない夜長かな
かなかなや回送電車野に停まる
夜なべする父の書斎の無重力
葡萄一房顔を知らない友ばかり

2017年11月10日金曜日

平成二十九年 秋興帖 第三(松下カロ・坂間恒子・渡邉美保)



松下カロ
アパートの外階段を鳥渡る
胸あけて秋の荒海見せにけり
不在票ちらつくあたり烏瓜


坂間恒子
目の澄みし冬鹿指をさされいる
霧わけて日本武尊に会いに行く
おおかみと記念撮影霧のなか


渡邉美保
望の月白鳥橋を渡りけり
うろこ雲葉騒のなかにゐてひとり
丹波栗丹波の猪の太りやう

2017年11月3日金曜日

平成二十九年 秋興帖 第二(岸本尚毅・辻村麻乃・夏木久)



岸本尚毅
秋淋し石の蛙とゴムの蛇
歪めたる顔のやうなる茸かな
草の葉を押し上げてゐる茸かな
脚をもて首掻く鶴や草紅葉
くちばしに蜂をとらへぬ鶴の秋
木の実降り写真古びぬ写真館
鼻唄の女秋風に一寸変


辻村麻乃
重たげに動く秒針小鳥来る
縁石の赤きパンプス月の客
台風の目の駅舎へと駆け込みぬ
霧深き山に吸はれてあずさ号
うろこ雲亀のゆるりと漂泊す
眠つたり交つたりして秋の蝶
店裏のお化け南瓜の口真つ赤


夏木久
心室を叩き秋思を誘ふ夜
秋口や白朝顔のひとつ咲き
黄落やビートルズなど耳障り
ロボットを志すとふ案山子かな
花束はガードレールを蟲時雨
地下室を開けて新月開放す
為体な風に端唄を野紺菊