2017年3月24日金曜日

 平成二十九年 歳旦帖 第六 (小沢麻結・池田澄子・陽美保子・内村恭子・小野裕三)



小沢麻結
踏まれたるより光初め霜柱
けんちんの大鍋煮ゆる初閻魔
初不動火の粉火柱湧き上がり


池田澄子
二人して寒しと月を斜め上
ひかり眩しく愛は煩く返り花
蓮根の穴の空気を解放す
馬車馬の昔ありけり雪へ雪
ぼたんゆき神よ父よと口に出さず


陽美保子(「泉」同人)
骰子の一の目の出る淑気かな
絵双六京の名所に休みけり
絵双六狂歌を詠めと言はれても


内村恭子 (天為同人)
青空を忘れがちなり年用意
羽子板市異国の王女描かれて
数へ日や神保町に山支度
大きからむ洪積世の初日の出
次々とピザ焼き上がる四日かな


小野裕三(海程・豆の木)
頭骨標本日陰に連なり大晦日
宝舟遠来しんじつ笑うは誰
骨董市に王様の首冬木立




2017年3月17日金曜日

平成二十九年 歳旦帖 第五 ( 飯田冬眞・小林かんな・山本敏倖・林雅樹・原雅子)



飯田冬眞
妻の家の猫も顔出す年賀かな
砂漠へと続く戦車や初霞
太箸やまづ横にされ開かるる



小林かんな
春自動起床装置のふくらみぬ
日に幾度水蒸気梅押しひらく
下萌ゆるかの腕木式信号機
ホキ二二〇〇形貨車陽炎うか
墨にじむ荷札樺太鉄道の



山本敏倖(山河代表・豈同人)
みずいろの表面張力初明り
お雑煮に告げ口三つ入れておく
この星の海を足下に置く初日
初夢を袋詰めして万馬券
たましいに浮力生まれる初日の出



林雅樹(澤)
石塀に水滲みだせる二日かな
初句会機嫌そこねて帰りけり
旅人と十六むさし負けたら死
破魔矢もて別れし夫を襲ふ女
勃起したペニスに輪飾かけて歩く男



原雅子
小浜線いづれの駅も昨日の雪
つまらぬ屋上つまらぬ給水塔冬だ 
きさらぎといへばどこかが疼くなり



2017年3月10日金曜日

平成二十九年 歳旦帖 第四 (仲寒蟬・曾根 毅・松下カロ・椿屋実梛・前北かおる)



仲寒蟬
初夢の中で仕事をしてゐたり
地震ではなく初湯の揺れてをるがよし
獅子舞にヒップホップの癖すこし
初夢のかならず最後には走る
初鴉神武を知つてゐる面持ち


曾根 毅
孤独死のあちらこちらにしずり雪
冬瀧や巌を畏れて引き返し
雪囲い皆一様に衰えて


松下カロ
いちまいのたましひ狂ふいかのぼり
白魚が喉を越えゆく山河かな
沈黙は吹雪に似たるチェロソナタ


椿屋実梛
四日はやバーカウンターに沈思して
梅が香にむれつつさらに奥へゆく
初霞あれは恋だつたに違いない


前北かおる(夏潮)
校倉に飾り錠前竜の玉
差し入るる指の先に竜の玉
竜の玉三日月形の傷もちて



2017年3月3日金曜日

平成二十九年 歳旦帖 第三 (杉山久子・田中葉月・石童庵・真矢ひろみ・ 竹岡一郎)



杉山久子
ぼんやりと猫の耳ある初写真
饅頭の黄粉飛び散る初句会
アマゾンの倉庫を出づる初荷かな


田中葉月
数の子を噛む子の音の大人びて
脇役に甘んじてをりごまめのめ
万両の一段高きに御座しけり
笹鳴きの小さき石にも日の当たれ
もういいかいまあだあだよう福寿草


石童庵
初みくじ開く最中のおまけなり
産土で買ひて小吉初みくじ
二日早や三つ目のおみくじを引く
四つ目を引いて凶なり初みくじ
やつと意に叶ふ五枚目初みくじ


真矢ひろみ
ぽっぺんのぽこの悦楽ぺんの闇
いっそ乗ってしまうか初湯のうつろ舟
五里霧中ですから淑気逆もそう



竹岡一郎
寒紅の眠りに家のほどけゆく
祀らるるためかまくらに入る老女
かまくらを囲む顔色あをい奴等
かまくらがきりなく呑んでめのこたち
かまくらを出るが不良のはじめ也
この夜の木霊うましと寒紅さす



2017年2月24日金曜日

平成二十九年 歳旦帖 第二 (仙田洋子・ふけとしこ・五島高資・堀本吟・渕上信子)



仙田洋子
初晴や引つかき傷のやうに鳥
なつかしき人と分け合ふごまめかな
戒名はいらぬと父の初日記
獅子舞の恥ぢらふやうに退りけり
押し合ふもこの世のならひ初戎
鏡割星の生まるる方を向き
餅花の匂ふがごとく揺れにけり



ふけとしこ
七日粥献血年齢すでに過ぎ
雪折れの枝よづきづき痛むだらう
梟が面付け替へてゐるところ



五島高資
日を入れる船溜りかな初昔
淑気満つ宇津保舟なる月の影
金星へ抜ける道あり鬼火焚



堀本 吟
歳旦三物 
歳旦の大河こよなき景色かな
 愛(めぐ)しき春着橋の殷賑   
夢に遭ふ蝶をわが身と呼ばすらん 

 
渕上信子
短句(有季定形)
万年床にひとり鶏旦
二日隣家の犬に挨拶
三日の船に男逞し
「春駒」は書初をはみ出し
五日はや普通の顔ばかり




2017年2月17日金曜日

平成二十九年 歳旦帖 第一 (夏木久・網野月を・坂間恒子・渡辺美保・神谷波)




夏木久
水揺らす花は異色の出家かな
初蝶やすでに伴天連追放令
投函せる旅の終りや冬燈
影さえも家引き払ひ福笑ひ
音楽も刺客も辻には誰も居ず
原子炉をながめて卵かけごはん
バス停に影伸び過ぎてまた乗れず




網野月を
天皇誕生日日本一の晴れ男
クリぼっちカボチャ祭は好かったな
あなたのこと気になり出して去年今年
アールデコの門扉門柱淑気満つ
初運転おいでおいでのコンチクショウ
読初や天金濡れて滲み出す
腰蒲団柄のポケモン語り出す



坂間恒子
注連飾おろしてのちを喪に服す
年賀欠礼胡蝶蘭に水を遣る
初詣天狗の下駄の暗がりに




渡辺美保
一陽来復阿蘇より届く晩白柚
くるみ餅三つ花びら餅五つ
また上手く結べぬリボン福寿草



神谷波
あまりにも穏やかすぎるお元日
太古から変はらぬ夕日鏡餅
わが古稀を信じられないごまめかな




2017年2月10日金曜日

平成二十八年 冬興帖 第八 (西村麒麟・渕上信子・田中葉月・神谷波・竹岡一郎・中西夕紀・飯田冬眞・筑紫磐井・北川美美)


西村麒麟
鴨飛ぶや一メールを大げさに
よたよたとスケート場を歩き切る
最高のカレーを食べる冬ごもり
風邪薬その一粒が細長し
冬晴の飛騨より来たる円空仏



渕上信子
短句(有季定形)
泥大根を洗ふ鳶の輪
学成難し落葉掃きよせ
神有月の鞄コーラン
独りごといふ夫と加湿器
床暖眠き第三句集
夫を殺めし夢大くさめ
ハナモゲラ語の寒中見舞



田中葉月
したたかに無心でありぬ冬すみれ
貧乏神たたき出されし干し布団
あめつちの神は気紛れ野紺菊
牛の舌からめてとりぬ冬の虹
土産とて残照つつむ神の旅




神谷 波
百尾余の鰯の頭捥ぐ小春
神の留守預かるスーパームーンかな
冬の虹ひつかかつてる森の端
年の瀬や黄蝶の浮かれ出ることも

           
竹岡一郎
灯は微音立て綾取りを見守るよ
あやとりの砦は父母を拒みけり
あやとりの紐切れるまで眠らない
あやとりにかかる呪ひのなつかしき
あやとりの示す南溟航路かな
あやとりに魂からみ動けまい
屋上のあやとり穹の杭は抜け



中西夕紀
白菜の観音顔のひと並び
息白し地震の平成終り急く
腕に来て羽を閉づれば鷹小さ



飯田冬眞
池畔に売家のならび冬紅葉
笹子鳴くブルーシートのイタコ小屋
枯芙蓉素焼きの壺にあるくびれ




筑紫磐井
十二月に日が差してをり佐久間町
どしやぶりの愛は裏切る漱石忌
顔に疵 師走の街を俺が行く




北川美美
グレムリンとある家族の聖夜劇
沼にある競艇場のクリスマス 
眠らずにオーブンの前クリスマス
地下掘つて掘つて掘つてやクリスマス
クリスマスツリー逆様に吊るされて
気まぐれに教会へ行くクリスマス
聖夜果て聖菓山積み製菓店