2017年4月28日金曜日

平成二十九年 春興帖 第二 (杉山久子・曾根 毅・堀本 吟)



杉山久子
少年の喉のあかるしヒヤシンス
風船の体育館を出でゆきぬ
行く春や怠けてをらぬナマケモノ

曾根 毅
話すたび気息を漏らし花菜畑
木の芽時爪先に血の行き渡り
太股の近きに生まれゆすらうめ


堀本 吟 
桜前線「天皇国」と称ふるあり
花喰鳥さかさになって花ついばむ
ゆーらしあふあんふあんのつちふれり
たんぽぽや「ぽ」のゆくすえはしあわせか    
ブラックホールに手足が生えて蛙の子



平成二十九年 歳旦帖 追補 ( 恩田侑布子) 



恩田侑布子
駿河湾身ぶるひしたる初日かな
恵方道なる茶畑の畔
囀に白いズックの紐締めて

2017年4月21日金曜日

平成二十九年 春興帖 第一 (加藤知子・田中葉月・花尻万博)



加藤知子
アポロンの鼻うた春のあまだれよ
恍惚の頭蓋骨から春キャベツ
春闇を左巻きにて生まれけり
絵踏みかな首から下の捌きおり


田中葉月
春光を集め片足フラミンゴ
貝寄風や天使の羽音拾ひゆく
天国のファックス届く風信子
さくら咲く一本道の生命線
事実はたいてい嫌なもの鳥雲に
陽炎やふりかへらない君がいて


花尻万博
褶曲の時を繋げて暖かし
奥処には柱寝かせて山椿
褶曲や甘さのありし囀りに
早くから立てる土筆に夢多し
み仏の歩みを止めず山椿
湯の速く過ぎて蕨の香なりけり

2017年4月16日日曜日

平成二十九年 歳旦帖 第九 (大井恒行・筑紫磐井・北川美美)


大井恒行
機はじめ手繰りて雲のあけぼのす
恋の矢の一度かすみて射しくる陽
初日ゆがんで羽化するしじま


筑紫磐井
明治神宮からましぐらな初鴉
男系はおろかならずや女正月
アニミズムの近刊を読み蟄啓く
三月はいろいろなこと昭和秘史


北川美美
正月の大きな毬が一つ家に
尻みせて散りゆく雀
ため息や煙のやうに歌留多飛ぶ



2017年4月8日土曜日

平成二十九年 歳旦帖 第八 (岸本尚毅・浅沼 璞・佐藤りえ・田中葉月)


岸本尚毅
元日だうでもよくて落葉を蹴る子かな
底ひまで見えて海ある初御空
初凪やペンキと雲の白と白
出初式窓に見えをり小鳥に餌
伸子すこし古風な名前初句会
野良犬を見て初旅の続くなり
やる気なささうに馬ゐる馬場始



浅沼 璞
歳旦 三つ物 
還暦の貫禄もがな鏡餅
 ロッケンロールとぞ花の春
朧夜をとぼとぼ雪の降りかかり


佐藤りえ
歳旦 三つ物
淑気満つチーズフォンデュの面かな
 賀客はいずれ髭の四五人
春鹿も土間も日向に濡れるらむ

かまくらに時間外用小窓あり
逆剥けの新巻鮭が湯の中に
猫が跨ぐプラスチックの鏡餅
シェルターに雑煮の湯気の立つばかり




2017年3月31日金曜日

平成二十九年 歳旦帖 第七(木村オサム・水岩瞳・望月士郎・下坂速穂・岬光世・依光正樹・依光陽子)



木村オサム(「玄鳥」)
二本立ての松竹映画お元日
押入れの少し開きたる二日かな
三日はや練り歯磨きを出し過ぎる
無意識に入れる四日のパスワード
五日からいつもの碗と皿の音
縁側に妻の入歯のある六日
人日や対岸にあるわが猫背

水岩瞳
もう顔も浮かばぬ人の賀状かな
   若山牧水賞、「鳥の見しもの」吉川宏志
読初や反原発の歌あまた
人日のトランプ占ひ本曇り

望月士郎
賀状書く丹頂鶴を横抱きに
元日の風呂より電子のおんな声
節料理の内なるロシア・チリ・トルコ
初富士や次の世紀末は遠く
カニフォークのように四日の街に出る
いま誰かポッペン吹いた冬の月
鮟鱇のくちびる残し消えた町


下坂速穂(「クンツァイト」)
言付は焚火見つめてゐる人に
地を照らすやうに木が佇ち寒波来る
蕾数へ春立つまでの日を数へ


岬光世 (「クンツァイト」「翡翠」)
一服の一人のをとこ初詣
不揃ひに賑はふ壁の吉書かな
番の来て手触りの佳き福笑



依光正樹 (「クンツァイト」主宰)
泥ついて泥がはがれて冬の岩
川の面に冬日が差せば魚が見え
探梅やきらりきらりと胸の内

依光陽子 (「クンツァイト」「クプラス」)
睦月半ばの花鶏流れてゆくはやく
大寒や神さびにける石と幹
日と水のゆらぎを背ナに春支度




2017年3月24日金曜日

 平成二十九年 歳旦帖 第六 (小沢麻結・池田澄子・陽美保子・内村恭子・小野裕三)



小沢麻結
踏まれたるより光初め霜柱
けんちんの大鍋煮ゆる初閻魔
初不動火の粉火柱湧き上がり


池田澄子
二人して寒しと月を斜め上
ひかり眩しく愛は煩く返り花
蓮根の穴の空気を解放す
馬車馬の昔ありけり雪へ雪
ぼたんゆき神よ父よと口に出さず


陽美保子(「泉」同人)
骰子の一の目の出る淑気かな
絵双六京の名所に休みけり
絵双六狂歌を詠めと言はれても


内村恭子 (天為同人)
青空を忘れがちなり年用意
羽子板市異国の王女描かれて
数へ日や神保町に山支度
大きからむ洪積世の初日の出
次々とピザ焼き上がる四日かな


小野裕三(海程・豆の木)
頭骨標本日陰に連なり大晦日
宝舟遠来しんじつ笑うは誰
骨董市に王様の首冬木立